洗濯が面倒でも怠っているとカンジダになる

性病カンジダというのは雑菌が原因で発症してしまう病気になっているので、不潔な状態のタオルなんかを使い回してしまっていると、感染リスクが高くなるということができます。
一人暮らしだったり、旅行中だったりするとどうしても洗濯するのが面倒になってしまって、乾かすだけで翌日も利用する・・・。ということがあるかもしれませんが、良くないですよ。

めんどくさくても

いつもある程度着用済みの衣服や、使用済みのタオルが溜まってから洗うことにしている。という人たちも多いかも知れませんが、溜めすぎてしまっているとストックがなくなるかもしれません。
入浴後に気付いたのだとするのならば、洗濯機の中から前日に使ったものを引っ張り出してくるかもしれませんね。しかし、放置されていた分だけ雑菌が繁殖していると言えるでしょう。
一日くらいならば別に大丈夫だろう・・・。ということを思ってしまうかもしれませんが、目に見えない菌たちが体内に侵入してくることにもなるので、油断してはいけません。

気付いた時にはカンジダになってしまっていた。ということだって考えられますし、予防のためにも常に新しいタオルは用意しておくことが求められてくると言えるのではないでしょうか。

旅行中だと

きちんとしたホテルに泊まるのならば、常に新しいタオルが用意されていることになるかもしれませんが、ゲストハウスのような場所だと自分で用意しておかなくてはいけません。
何枚も持っていくことになると荷物が嵩張って仕方ないですし、一枚だけ持っていこう。という人が殆どかも知れませんが、使用した後は必ずコインランドリー等で洗濯してください。
下着等についても同様のことが言えますし、特に夏場になってくると移動しているだけでも汗まみれになることは明白ですので、常に清潔感を意識しながら行動することにしましょう。

何回でも

お風呂から出る前にできる限りは水分を落とすしたので、使い回しをしても大丈夫でしょう!ということを判断したとしても、やはり使い回しをしてしまうことは避けてください。
カンジダの原因になってしまう菌というのはあらゆるところで繁殖することにもなっていますし、特に水分を含んだ布というのは爆発的な勢いで増殖していってしまうことが考えられます。
自分の不摂生が原因で罹患してしまったら、治療代を払う時にも後悔することになるのは間違い有りませんし、無駄な出費を防ぐ為にも意識しながら過ごすことが必要になるでしょう。